TOPページ > RAPICOMについて > ユースケース

ユースケース

RAPICOMはさまざまな環境および用途で利用可能

Case1 安価なベストエフォート型VPNサービスの品質向上

快適な閉域網サービスの実現

安価なベストエフォートプランのVPNサービスとRAPICOMを組み合わせることで、ワンランク上のサービスとして利用可能です。

Case2 BCP対策用バックアップ回線の有効活用

冗長化と広帯域化の実現

安価なインターネットVPNを2系統経路集約(mTCP Traffic Bundling機能)することで、冗長化と広帯域化、さらには、TCP最適化、通信網の安定化を実現し、極めて高い費用対効果を実現します。

Case3 海外拠点との低コストでの帯域確保

低コスト・広帯域の安定したネットワークを実現

海外拠点との専用線の二重化は、高コスト。専用線とインターネット回線を組合せることで、低コスト・広帯域の安定したネットワークを実現します。

Case4 クラウド環境におけるレスポンス改善

オンプレミスに近い環境の実現

クラウド環境への移行に伴い、レスポンスが低下。クラウド環境等のハードウェアの設置が難しい環境に対してもソフトウェア版で高速化を実現。オンプレミスに近いネットワーク環境を実現します。

Case5 接続端末増加に伴うレスポンス低下の改善

最適化と負荷分散を両立し快適通信

システムへの接続端末数が多い場合など、ベストエフォート回線を2系統使用し、負荷分散と最適化をxTCP Balance機能でを実現します。