TOPページ > RAPICOM appliance > RAPICOM appliance バージョン別機能比較

RAPICOM appliance バージョン別機能比較

RAPICOM appliance ver.2系とver.3系の機能比較
機能 ver.2系 ver.3系
WAN最適化の動作
最適化・高速化機構 Falcon最適化 mTCP最適化 xTCP最適化 optRTP最適化
(オプション)
最適化対象プロトコル TCP TCP TCP RTP(UDP)
最適化方法 独自マルチTCPリンク 独自マルチTCPリンク 独自TCP透過制御 独自FEC他
接続方法 Out-Path/ルーティング In-Path /ブリッジ
パケット透過方法 透過型TCPトンネル 透過型TCPトンネル 完全透過 完全透過
非TCPパケットの伝送方法 透過型TCPトンネル
にカプセル
専用IPtunトンネル パススルー
L2延伸
帯域集約(経路集約)
経路選択ポリシー
CIFS SMB 1.0最適化
QoS帯域制御
(2階層)
トラフィック選別機構
(L2/L3/L4)
対向自動検知
1-1接続
1-M接続
N-M接続
TCP Window Scaling 透過
RAPICOM appliance ver.2系、ver.3.0、ver.3.1、ver.3.3機能比較
機能 ver.2系 ver.3.0 ver.3.1 ver.3.3
WAN最適化の動作
optRTP最適化(オプション)
ARQ(自動再送要求)
RAPICOM seedとの接続
IP Load Balance
xTCP Load Balance
ネットワーク
IPv4サポート
IPv6サポート
IPv4ルーティング
(Staticのみ)

(Staticのみ)

(Staticのみ)

(Staticのみ)
IPv6ルーティング
(Staticのみ)

(Staticのみ)

(Staticのみ)
IEEE 802.1Q VLAN
(モデルによる)

(モデルによる)

(モデルによる)
Stacking VLAN
(モデルによる、
Triple Tagまで)

(モデルによる、
Triple Tagまで)

(モデルによる、
Triple Tagまで)
インタフェース遅延挿入
(帯域集約機能と併用)

(帯域集約機能と併用)

(帯域集約機能と併用)
フレームレート制御
フォールトトレランス
ハードウェアバイパス
(モデルによる)

(モデルによる)

(モデルによる)
STP
(STPのみ)

(STPのみ)

(STPのみ)
BPDU透過制御
LFPT
Bonding
(モデルによる)

(モデルによる)

(モデルによる)

(モデルによる)
Link Aggregation (LAG)
H/A冗長構成
(モデルによる)

(モデルによる)

(モデルによる)
ウォッチドッグタイマー
(モデルによる)
管理機構
CLI管理インタフェース
(Console/
Telnet/SSH)

(Console/
Telnet/SSH)

(Console/
Telnet/SSH)

(Console/
Telnet/SSH)
GUI管理インタフェース
参照のみ(HTTP)

(HTTP/HTTPS)

(HTTP/HTTPS)

(HTTP/HTTPS)
管理ユーザ ビルトインのみ ビルトイン

ユーザ定義
ビルトイン

ユーザ定義
ビルトイン

ユーザ定義
SNMP MIB 対応
(拡張)

(拡張)

(拡張)
SNMP TRAP
管理ログ
管理サービスACL
サポートサービスログ
NTP時刻同期
UPS電源管理・連動
リモートシャットダウン
(専用ユーザ)

(専用ユーザ)

(専用ユーザ)

(専用ユーザ)
証明書管理
(HTTPS)

(HTTPS)

(HTTPS)
鍵管理
(SSH)

(SSH)

(SSH)
ファームウェア更新機能
ライセンス管理
モデルグレードアップ
(ライセンスの
切り替え対応)

(ライセンスの
切り替え対応)

(ライセンスの
切り替え対応)