TOPページ > RAPICOM seed > RAPICOM seed for Linux

Linuxにも簡単導入!ネットワークの通信性能を向上できるソフトウェア

「RAPCIOM seed for Linux」は、当社独自開発の高性能アクセラレーションエンジン「xTCPエンジン」を搭載した、WAN最適化・高速化ソフトウェアです。「RAPCIOM seed」各モデル、またはアプライアンス版「RAPICOM appliance」に対して、通信の最適化・高速化を実現します。CLI(Command Line Interface)による操作で、トラフィック状況の確認や各種設定を行うことができます。Linux版では、エッジ端末用のモデル「RAPICOM seed Server」「RAPICOM seed Client」だけでなく、「RAPICOM appliance」と同様のゲートウェイ方式での最適化が可能なモデル「RAPICOM seed Gateway」もご用意し、更なるユーザニーズに対応します。

アプライアンス版について詳しく見る

 

RAPICOMシリーズ 最適化可否

「RAPICOM seed for Linux」は、以下の組み合わせでRAPICOMシリーズ各モデルとの最適化が可能です。

モデル RAPICOM
appliance

RAPICOM
seed
Gateway
RAPICOM
seed
Server
RAPICOM
seed Workstation
RAPICOM
seed
Client
RAPICOM seed Gateway
RAPICOM seed Server
RAPICOM seed Client

全てのTCP 通信の最適化が可能
RAPICOM seed Client からのTCP 接続を開始した双方向の通信に対して最適化が可能
最適化不可(標準のTCP 通信となります)

 

RAPICOM seed for Linux 評価版

評価ご希望の方は、下記のお問い合わせフォームよりお申込みください。

お問い合わせフォームはこちら